Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

Workout With Data
〜データを使ってワークアウト〜

アクティビティ分析で見る
自分の総合点

「トラックからウルトラトレイルまで、あらゆる種目を走ってポイント化する混成競技があるとするなら、年齢を重ねる中でも常に過去の自分に “総合得点” で勝てる準備をし続けていきたいです」

そう話す長尾暁人さんは、とにかくいつでもどこでも走っている。中長距離の陸上競技に、100マイル以上のトレイルレース。さらには “お買い物ラン” や娘の保育園までの “バギーラン” と、距離や目的にこだわりなく、ランニングをライフワークとして楽しんでいる。

小学1年生のときに陸上を始めてから、400mや3種競技を専門に陸上競技者として走り続けてきた長尾さんだが、ランニングにいわゆる “大人の楽しみ方” を見出したのは、20歳を迎えた2009年に初めて走った東京マラソンだった。マラソンのためにトレーニングをするようになったのも、このレースがきっかけだったと言う。

「市民ランニングクラブのメンバーと、初マラソン完走後に一緒に喜びを分かち合いながら飲んだビールがあまりにも美味しくて、 “こんな楽しみ方があるんだ” と感動したのを、今でも覚えています」

過去の自分に「総合得点」で勝ちたい

さて、冒頭の長尾さんのコメントにもあった、「過去の自分に総合得点で勝つ」ということ。
どうせやるなら勝ちたい、うまくなりたい、上をいきたいというのが人間の性分だが、走ることにおけるそれはどうやって判断しているのか。

長尾さんの場合、Stravaのアクティビティ分析、ペースや心拍数のゾーン、ランニングマッチなどを活用して、より客観的に「勝ち」を測っている。

アクティビティ分析

「ワークアウト分析でペースと心拍をよく見ています。これのおかげで、日々のトレーニングのインプット(ペース)とアウトプット(心拍変化)を見ることそのものが楽しみになり、結果として、自分のランニングパフォーマンスについての課題を考える時間も増えました」

長尾さんが活用するStravaのアクティビティ分析は、心拍数やパワーはもちろん、勾配のある道を走ったときに役立つGAP (平地換算ペース) やケイデンス (脚の回転数)、そして気温など、手持ちのデバイスから得られる情報をわかりやすく表示する。

ペースゾーン・心拍数ゾーン

さらには、ペース分布を表すペースゾーンや、ウォッチや心拍計を連動していれば心拍数ゾーンがわかり、アクティビティごとにゾーン分布がグラフ化される。

特に心拍数に則ったトレーニングをすることで、運動の強度を主観ではなく数値で表すことができる。心拍数ゾーンのグラフにおいて、高いゾーンが多いとハード、低いゾーンが多いとよりラクなワークアウトだったと言える。脂肪の燃焼や心肺機能の向上など、運動の目的によっても狙う心拍数ゾーンが変わってくるため、参考にしたい指標だ。

「課題にフォーカスしたトレーニングを考え続けることで、5000mのタイムもこの2年で1分30秒近く更新できましたし、パフォーマンスは明らかに改善していると考えています」

心拍数ゾーンは年齢に基づいた推定値が用いられるが、自分の心拍数ゾーンを細かく把握している場合、Stravaのウェブ版でカスタマイズすることも可能だ。 [設定] → [My パフォーマンス] で、最大心拍数を入力。[カスタム心拍数ゾーン] を選択して心拍スケールを設定することで、自分にとってより正確な心拍数ゾーンを算出できるようになる。

ランニングマッチ

もう一つ、長尾さんが役立てているのがランニングマッチ機能。 ランだけではなくライドでも、何度も同じルートでアクティビティを行うと、それらの記録が自動的に1つのグラフにまとめられ、自分の過去の記録との比較ができるものだ。

「過去に同じような練習メニューを行った時の数字を比較して、パフォーマンスの変化を確認しています。主には、トラックでの高強度練習や、ヒルリピートインターバルとかですね」

ランニングマッチをフル活用するための長尾さん流のコツもシェアしてくれた。

「ランニングマッチの画面にはアクティビティのタイトルが表示されるため、行った練習メニューを都度タイトルに書いておくことで、この機能が非常に使いやすくなると感じています」

速くて強いランナー

トレーニングでも、レースでも、用事をこなしながらのジョギングでも、記録に残しておけば、データは等しくその運動量を評価してくれる。こうした情報を使って自分のその時の “総合点” を把握することで、長尾さんのように長く楽しく走り続けられるのかもしれない。

「年齢と逆行しつつ、タイムや順位で過去の自分に挑戦していくことが、私にとってのモチベーションです。速いだけでもなく、強いだけでもない、 “速くて強い” アスリートでありたいです」

Join Strava for Free:

By signing up for Strava, you agree to the Terms of Service. View our Privacy Policy.